医療脱毛と脱毛サロンのメリット・デメリット


脱毛サロンのメリット・デメリット


脱毛サロンとは、後述の医療脱毛以外のサロンでの脱毛のことを指します。脱毛サロンのメリットは何と言っても費用面です。医療脱毛と比較して、一回の脱毛における価格は比較的安いことが多いです。また、月額いくらといったプランを設けていることも多いので、全身を脱毛したいという方には非常にメリットとなるでしょう。また、脱毛サロンは医療脱毛と比較して、照射するレーザーの威力も小さいことが多いので、痛みに弱い方でも通いやすいのはメリットでしょう。反対に医療脱毛と比較して、脱毛サロンのデメリットは、脱毛の効果を実感するまでに通う回数が多いことです。また、永久脱毛とうたえるのは医療脱毛だけです。もちろん通う回数を重ねることで毛量を減らすことはできますが、厳密な永久脱毛は医療脱毛のみとなっているのでご注意ください。

医療脱毛のメリット・デメリット


脱毛サロンと比較した場合の医療脱毛のメリットは、何といっても脱毛効果の実感が早いことでしょう。脱毛サロンと比べて、医療脱毛は医療行為になるため、レーザーの威力も強いです。毛周期の関係等もありますが、永久脱毛の定義とされる「最終脱毛から1ヵ月後の毛の再生率が、20%以下である脱毛法」を行えるのは、医療脱毛のみとなっております。したがって、脱毛完了までに通う回数も、脱毛サロンと比べて少なくなることが多いです。反対にデメリットは、脱毛サロンと比較して、一度あたりの費用が高いことが多いです。しかしその分通う回数が少なければ、トータルで価格を抑えることも出来ますし、脇やVIOなど、体毛が濃い部分だけを医療脱毛で行っている方も少なくありません。医療脱毛、脱毛サロン共にメリットはあるので、部位や自身の経済状況、体質に合わせて、ベストな脱毛方法を選ぶことが大切でしょう。

新宿で脱毛の施術サービスを受ける人が増えています。脱毛サロンやクリニックなどのクオリティの高さに起因しているといえるでしょう。